EVENTUSPROTOCOL

運転免許取得の道!

In ソーシャル, 国際文化交流ひろば on 2012年9月19日 at 1:19 am

皆様いかがお過ごしでしょうか?EVENTUSPROTOCOLの佐々木です。EVENTUSPROTOCOLに入社して1ヵ月半が経ちましたが、遅ればせながら先日運転免許の筆記テストを受けに行ってきました!日本にいるとなかなかできない経験だけに、私的にかなりの異空間でした。(笑)

アメリカではDMVという、日本でいう免許センターのようなところにテストを受けに行くのですが、日本と違う 適当な おおらかな手続きの流れにいちいちビックリ。まず書類に記入した後に視力検査をするのですが、私が立っていたカウンターのお姉さんの3メートル程後ろの天井からアルファベットがランダムに書いてある紙が垂れ下がっており、お姉さんがおもむろにデスクのその辺にあった紙を渡してきました。「Cover your eye.」…え、これで!?なんかこう、黒い虫眼鏡みたいな形のやつないの!?これ、あなたのデスクの書類かなんかですよね!?とまぁ言っても仕方ないのでお姉さんに言われるがままにアルファベットを読み上げて終了。写真を撮っていよいよテストです。

テストは日本と違って問題数も少なく、比較的簡単な印象。ちなみにテストは日本の選挙の投票所のような、仕切られたブースで立ったまま受けます。なんかお手軽な感じですね。解答用紙は提出すると担当の方がその場で採点してくれます。待っていると、担当のおばさんが何かぼそっと言いました。聞き返すと「You passed.」…あ、合格だそうです。そうですか。ぼそっと言うから独り言かと思いましたよ私。なんかもっと「おめでとう!あなた合格よ!」とか「合格!でもここが不正解だったから見直してみてね☆」とかそういう感じの方が、雰囲気出ると思うゾ☆

そんなこんなで、なんとか筆記テストは合格したものの、何でも合理化!のアメリカでは、とりあえず必要な手続きができれば、あまり公の機関に懇切丁寧なカスタマーサービスは重要視されていないのかも、と文化の違いを感じた興味深い出来事でした。

さあ、次に待ち受けているのは技能試験です!初心者の私には最大の難関かと思われますが、なんとか運転免許を勝ち取ってこようと思います!安全運転で!

**************************************************************************************

プロフィール 佐々木真理

秋 田県出身。大学在学中にサンディエゴで語学留学を経験し、卒業後、教育機関でカウンセラーとして語学を学ぶ生徒様への進路相談や学習アドバイスをする傍 ら、営業として学校運営にも携わる。現在は、人材育成という分野で様々なコミュニケーションに悩む方たちへアドバイスできるエキスパートとなるべく、日々 悪戦苦闘中!教育業界でお客様や生徒様と一緒に成長していけるのはとても楽しいです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。