EVENTUSPROTOCOL

新しい環境に適応する3つの心得

In ソーシャル, ビジネス on 2012年10月18日 at 1:12 am

こんにちは!EVENTUSPROTOCOLの佐々木です。

今回のブログは、アメリカでの生活にようやく馴染んできた私(自称)より、私がいつも心に留めている「新しい環境に適応する3つの心得」をお送りしたいと思います。新しい職場、学校、引っ越した街etc… あなたが新しい環境に戸惑いそうになったときにふと思い出していただければ嬉しいです。

1.ひたすらポジティブに!その環境を知る

誰しも新しい環境に直面すると、その場所についての情報がまだなかったり勝手が分からなかったりで、常になんとなく不安な状態が続いたり、慣れた前の環境と比較して「前のほうが良かった…」と思いがちになることもあるかと思います。でもそんなこと考えてても何も始まらないので、ここは開き直ってとにかくポジティブに、その環境にどっぷり浸かってみましょう!いつも冒険しているような気持ちで歩き回ってみたり、周りの人と意識して会話を持ってみたり…その環境を知ることで、あなたの中での「愛せるポイント」が見つかるはずです。「こんなところにステキな場所を見つけた」「あそこに行ったら楽しい会話ができた」ポジティブに、貪欲にそのポイントを探して、早く新しい環境を愛したもん勝ちですよ。

2.失敗を恐れずとにかくチャレンジ

なににつけても良く聞く決まり文句のようですが、これって皆さん意外とすごく難しいことだと思いませんか?特に私は日々これとの戦いといっても過言ではありません。チャレンジといっても、ものすごく勇気がいるような大きなことではなくて、本当に小さなことからでいいんです。特に小心者の私は、アメリカという新しい環境に慣れるうえで、日々心臓に優しいミクロレベルの小さいチャレンジを課しています。「今日はあのスーパーのメンバーシップカードを作る手続きを自力でするぞ!」「会社の受付にいつもいるあの人に今日は自分から話しかけてみぞ!」どうですか?この些細すぎるチャレンジ(笑)でもどんなに小さくても達成すると嬉しいものです。今ではスーパーでメンバー価格で買い物できるし、受付の人とも気持ちよく挨拶できるし!

でも万が一失敗してしまっても大丈夫です。ニューカマーだからこそ使える「まだ良く知らないんだからしょうがないよね」権を行使して、周りの人に助けてもらいましょう(笑)

3.良い人脈を持とう

新しい環境に対して「住めば都状態」にするためには最終的に自分自身の考え方、受け入れる力にかかっていると私は思います。ただ、その状態まで持っていくための助け舟になってくれるのが、良い人脈を作ることです。知人・友人、上司・部下・同僚誰でもいいんです。すでにその環境に馴染んで生活している人があなたのそばにいてくれるだけで、時には一人では知りえなかった情報がもらえたり、困ったときの良い相談役になってもらえたり、もちろんいつもより楽しい時間を過ごすことだってできるかもしれません。ただし、心細さから人脈を作ることだけに一生懸命になるのではなく、自分自身を見失わず、心から信頼できる人に助け舟になってもらうということだけは忘れないでくださいね。

新しい環境に適応する3つの心得、いかがでしたでしょうか?他にもこんな心得があるよ!というアイディアがあれば、ぜひ下のコメント欄で教えてくださいね!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。