EVENTUSPROTOCOL

Archive for the ‘ボランティア’ Category

より強い人望を築く!相談されたときの対応Dos&Don’ts

In ビジネス, ボランティア on 2014年12月22日 at 10:00 am

103543823

あなたはよく友達から相談を受けるタイプですか?人によっては返答に困ったり、相手をよけいに落ち込ませたりしないか心配で苦手という方もいるかもしれませんが、少しでも困っている友達の力になれることは友達冥利に尽きることです。今回は、よりあなたの人望を集める相談役の秘訣をDos&Don’ts形式でお送りします。

《はじめに》

相談を受ける前に皆さんに知っていて欲しい大前提が一つあります。それは「相談を受ける=解決方法を教えてあげる」ではないということ。相談を持ちかける人には、あなたの意見が聞きたいタイプととにかく話を聞いてもらいたいタイプの人がいます。意見が聞きたいタイプには素直にあなたの意見を伝えるのが正解ですが、後者の場合には少し気遣いが必要です。まずは相手がどちらのタイプなのかを見極めて対応することが第一歩となります。

【Dos

・とにかく共感する!

特に話を聞いてもらいたいタイプの人は、自分を受け入れてもらっているということだけでも心が安らぎます。

・まずはじっくり最後まで聴く

まずは途中で口を挟んだり結論を急かしたりせず、相手に最後まで話をさせてあげましょう。

・相手の気持ちが楽になり、元気になるのを願っていることを伝える

問題が解決できるかは別として、自分のことを気にかけてくれる人が近くにいるということは、相手にとっても心の支えになります。

96389944

【Don’ts

・むやみに冗談を交えない

どんなに滑稽に聞こえる悩みでも、相手にとって悩みは悩み。場を明るくしようとしても裏目に出てしまうかもしれません。

・明らかに慰められている、同情されていると相手に思わせない

相手がよけい惨めな気持にならないよう、否定も肯定もせず「そんなことがあったんだね」と聞いてあげましょう。

・「それは違う」「~すべき」といった断定的なアドバイスをしない

あなたにとって明らかに間違っていると感じても、状況や相手の価値観によってはそれが必ずしも正しくない場合もあります。伝えるときは心がけて柔らかい表現を使いましょう。

いかがでしたか?人から悩みを相談されるということは、あなたへの信頼や「この人に話せば状況(気分)が変わるかも!」という期待が大きい証。せっかく相談してきてくれた相手には「話してよかった」と思ってもらいたいものですね。ちなみに、コミュニケーションの悩みを確実に解決したい!という方には、EVENTUSPROTOCOLが具体的なコンサルティングとトレーニングプログラムをご用意しておりますので、ぜひプロにお任せくださいね。

広告

マネージャー必見!人材が定着する会社の条件はこれだ!

In ビジネス, ボランティア on 2014年11月24日 at 10:00 am

163807371

組織を作る上で重要な要素として筆頭に挙がるのが人材です。「人財」と表記されることもあるほど、組織としての成功には大変重要なポイントです。では、良い人材を長く定着させるにはどうしたらいいでしょうか?社風に合う人材を選び、教育し、成長させて活躍してもらうのが理想的な方法の一つですが、多くの人事関係者の方、管理職の方にとってこれをどのように実行するかが大きな課題となっています。今回は社員の方の視点から見た、働きたくなる会社の一例をご紹介します。

報酬よりも楽しい雰囲気を重視

仕事はお金を稼ぐ場所でもありますが、経験を積む場所、人間関係を築く場所でもあります。物質的な報酬だけでなく、社員同士がお互いを知り合い良い関係性を築ける場を設けることも良い雰囲気作りに繋がります。時にはカフェなどで気分を変えて話をする時間を積極的に設けたり、全員が一体となって参加できる研修やセミナーを社内で開催するのも効果的です。

自由な交流

役職が存在する以上、縦社会になってしまうことは組織にはやむを得ないことですが、上下に関わらず親しみ安い関係性を築くことは社員のストレスを軽減するだけではなく、会社にとっても柔軟な視点・考え方を保つことができます。

163219222

頑張った成果が認められる

同じ組織の仲間として自分の働きが認められることは誰にでもやる気と活力に繋がることです。普段の業務の中での上司部下間はもちろん、会社単位で表彰制度などを作ることは社員の定着やモチベーションアップに繋がるアイディアです。

《番外編・こんな会社はNG

思いやり・配慮に欠ける

能力や時間に見合った給与を与えているからといっても、あまりにも配慮に欠ける人事や人間としての思いやりに欠ける上司の態度は確実に不満として蓄積されてしまいます。

発言権がない

上下関係の意識や、担当・部署の感覚が固まりすぎてしまい、自由でクリエイティブな若い世代の意見を押し込めてしまうことは、会社にとっても大きな損失になりかねません。プロジェクトなどに若手のフレッシュな意見を取り入れる姿勢を持つことは、良いイノベーションに繋がる第一歩です。

95504960

成長できる環境が整っていない

組織はいつも即戦力となる人材を求めますが、トレーニングや教育の場を設け、社員を育てるというステップを設けることで、社員の「一人一人のことを考えてくれている」という意識や常に学べる環境があるというモチベーションに繋がります。

いかがでしたでしょうか?会社作りに直接関わる人事・管理職の方には一つの目安として参考にしていただければと思います。EVENTUSPROTOCOLでは、組織作りに重要となるチームビルディングや新入社員、マネージャー向けのトレーニングも日本語・英語対応で承っております。日々の業務の中でなかなかフォーカスするのが難しいコミュニケーションの分野は私共にお任せください。

日本人はミステリアス!?異文化でのコミュニケーションの違い

In ビジネス, ボランティア on 2014年8月25日 at 10:00 am

184985745

「日本人は奥ゆかしく協調性があり、アメリカ人は独立的ではっきりと意見する」など、皆さんも世界の国々に対して持っている典型的なイメージがそれぞれあるかと思います。国民性の違いとして笑ってすませられることもありますが、実際にビジネスなどで肩を並べた際にミスコミュニケーションが起きてしまうケースもあります。今回はそのたくさんある特徴の違いの中から一つのコンセプトを学んでいきましょう。

ハイコンテクスト(High Context)とローコンテクスト(Low Context

世界では、地域によってコミュニケーションの感覚や取り方も大きく変わります。今まで外国人の方に感じたことのある違和感や疑問点はもしかしたらこのコンセプトに関わるものかもしれません。

《ハイコンテクストの特徴》

・非言語コミュニケーション

・間接的な言い方

・意図を暗に示すような表現

・ビジネスの場において長期的な関係を意識する

この特徴を持つ国々:アジア(日本、中国、韓国)、アラブ諸国、スペイン、ギリシャ、トルコなど

《ローコンテクストの特徴》

・明確なコミュニケーション

・直接的ないい方

・意図をはっきりと言葉で表現

・ビジネスは利益があれば短期的な関係でも構わない

この 特徴を持つ国々:スイス、ドイツ、アメリカ、スカンジナビア諸国

この違いが招くミスコミュニケーションの例としては、はっきりと言葉で意見を主張するアメリカ人に対して日本人が圧倒されて黙り込んでしまったり(私もどんどん発言するアメリカ人に対して微笑んでうなづくことしかできませんでした…)、逆にアメリカ人が間接的に柔らかく表現する日本人の言っている意図が分からなかったり、時にはミステリアスで何を考えているか分からない人というイメージすら招いてしまいます。

142743330

このように、コミュニケーションの取り方は、各個人の性格だけでなく、文化からの影響もとても強く受けるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。この他にも、異文化におけるコミュニケーションの違いは様々なものがあります。EVENTUSPROTOCOLでは、グローバルなビジネスで活躍する方に、世界で通用する異文化コミュニケーションの知識をトレーニングで提供しています。他国の取引先とのやり取りでミスコミュニケーションが起きる前に正しい知識と自信を身につけることで、あなたもグローバルで活躍できる社会人一員のです。

答えはいつも自分の中に!悩んだときはセルフコーチングで切り抜ける

In ビジネス, ボランティア on 2014年6月23日 at 10:00 am

150684246

仕事のこと、人間関係のこと、将来のこと…一度悩み始めると人間キリがないものです。どうしても気になって心がモヤモヤしてしまうというとき、その打開策はいろいろありますが、今回は自分としっかりと向き合い、自分の中から答えを引き出す方法「セルフコーチング」を紹介します。

《とことん問いかけよう!シーン別自分への質問集》

「セルフコーチング」とは、悩み事やストレスに対していろいろな角度から自問自答し、そこから出てきた答えをどんどん掘り下げて解決を図る方法です。現状と課題を把握し 目標を立てて行動するという基本的な流れを「自分はどう思っているか」を意識して考えて見ます。これだけを聞くと抽象的でピント来ないかも知れませんが、今回はこの入門編として、セルフコーチングの際の自問自答のきっかけとなる質問集をシーン別に提案します。

「なんだか生活にメリハリがない…もっと充実した日々を送りたい」

・何かしたいことはなんだろう?

・したくないことはなんだろう?

・障害になっていると感じることはなんだろう?

「もっと自分を向上させたい!レベルアップするにはどうすればいい?」

・直近で目標を達成したのはいつ/どんなときだったか?

・その目標を達成するためにどんな準備をしたか?

・そのとき一番大切だったことは何だったか?

・今まで失敗や挫折をどうやって乗り越えてきたか?

・今いる環境の中でできるベストな行動はなにか?

「自分は将来どうしたいんだろう?漠然としていて焦ってしまう…」

・理想の自分はどんな状態なのか?3年後は?5年後は?

・今障害となっていることは何か?

・その中で一番優先して解決したいことは何か?

・解決方法はどんなことが考えられるか?

・明日からどう行動を変えていくか?187138579

いかがですか?一見あまり具体的ではなく、慢性的に抱えてしまいそうな悩みでも、一つ一つ自分に問いかけていくと少しずつ解決への道が見えてくるものです。今回はセルフコーチングの基本をご紹介しましたが、人の悩みは多種多様。一人では解決が難しい悩みはプロに力をかりるのも賢い選択です。コミュニケーションに関することはお気軽にEVENTUSPROTOCOLにご相談ください。あなたの悩み解決までの道のり作り、トレーニングにてサポートいたします。

チャリティーイベント@小東京

In ボランティア on 2011年4月25日 at 10:14 pm

おかげさまで約30枚ほどのシャツが売れました!

多くのアメリカ人の方からも購入していただきました。

☆チャリティーイベントの様子☆

南加州日系商工会議所の方達とイベンタスプロトコールのチームでのグループ写真

シャツが売れるたびにこみあげる気持ち

『うれし涙』
『ありがとう』

人とふれあって感じた事

心配な気持ちはみな同じ

国境を越えたサポート

『Love & Hope for Japan』 Project

心を込めて愛を贈ります

Japan Disaster Relief Effort

In ボランティア on 2011年4月21日 at 6:04 pm

皆様のお心を先日届けて参りました!

数週間という短い期間で$2,400の募金があつまりました。

少しでも多くの方へアメリカから日本にいる方達へとどきますように。

4月24日には南カリフォルニア日系商工会議所が開催するチャリティーイベントに参加します。開催場所:小東京にあるLittle Tokyo Market Place (Former Yaohan Plaza) and Japanese Village Plazaにて。チーム一同おまちいたしております。

Love&Hope for JAPAN、T−シャツ売り切れました!

In ボランティア on 2011年3月27日 at 10:03 pm

皆様のご支援の末、ピンクのMサイズとブルーのXLサイズは本日にて販売終了させていただきます。お買い上げくださいましたお客様、そしてご興味のメール等、皆様の『心』が国境を越え、日本にいる方達へ届きますように...誠にありがとうございました。現在、ピンクのLサイズとブルーのMサイズLサイズのご用意をさせていただいております。ご興味のある方はお早めにお問い合わせください。

 

思いを形に。日本の皆様へ贈る。

In ボランティア on 2011年3月19日 at 4:32 pm

日本にいる方達に私たちのお祈りがとどきますように、今回はただ募金するだけでなく、一人でも多くの方達に日本の現状を知っていただき、関心を寄せてくださる様Tシャツとバックを作ってみました.

アメリカに住む私たちが日本にいる方達を支援したいという『心』が国境を越えて日本にいる皆様へ届きますように。そして少しでも励まされる様心を込めて愛を贈ります。また、このブログを読んでくださた方で支援サポートをしてくださる方、お問い合わせくださいませ.info@eventusprotocol.com もしくはフェイスブックファンページまでどうぞ。

PRAY FOR JAPAN

In ボランティア on 2011年3月15日 at 2:32 pm

この災害で日本に住む多くの人々へ。心を震わせた方、涙を流した方、大切な命をなくした方、自然の怖さを知り、命の尊さを知らされた方へ、心よりお祈りいたします。たくさんの愛を込めて。

Love & Hope Project

In ボランティア on 2010年12月3日 at 7:43 am

『Love&Hope』プロジェクトとは弊社で行う国境を越えた社会貢献プロジェクトです。収益の一部が寄付されるか、地域ボランティア活動を行っています。

世界中の人々に異国文化を知っていただき、お互いを知り、心が動き、小さなプロジェクトから世界の人々へ貢献することです。弊社の行うプロジェクトから一人でも多くの方達の心へ『Love&Hope』をお届けすることが弊社にとっての『サクセス』であり『最高のおもてなし』です。今の自分たちができることから人や文化にふれあい、学び、何かの形として提供していくことが大切だと感じています。ご支援ありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。