EVENTUSPROTOCOL

Archive for the ‘国際文化交流ひろば’ Category

外国にはない?「沈黙」でコミュニケーションを取る日本人

In ソーシャル, ビジネス, Uncategorized, 国際文化交流ひろば on 2014年9月29日 at 10:00 am

人と話すのが苦手、人見知りをしてしまうという方たちの中で、コミュニケーションが大変と感じる理由の典型に「会話の途中の沈黙が怖い」というものがあります。まだ出会って間もない人や、仕事上でしか付き合いのない人など、ふとした瞬間にシーンとしてしまうのは確かに少し気まずいですよね。しかし、察することを得意とする日本では、その「沈黙」を上手く使って会話をコントロールをするテクニックがあります。今回はそんなワンランク上のコミュニケーションテクニックをご紹介します。

183344835

そもそもなぜ沈黙が起きるのか?
その場の状況や、相手との関係性にもよりますが、前述したあまり良く知らない相手との間に生まれてしまう沈黙の大きな理由としては、沈黙を過剰に恐れているということが考えられます。恐れる理由は過度の緊張や好意の空回り、過去の失敗経験など人それぞれですが、「間を空けてはいけない!」と焦って不自然な会話を繰り出してしまうことで気まずい雰囲気になり、新たな沈黙が生まれるという負のスパイラルに陥る場合もあるのです。

沈黙の有効活用
そんなNG視されがちな沈黙ですが、決して悪いことばかりではありません。今回のタイトルにもあるように、コミュニケーション上手は意図的に沈黙を上手く使うことがあります。意外に知られていない沈黙の有効活用法をご紹介しましょう。

172788042

《相手の発言や意見を促す》
今まで話していた相手が急に黙ると、相手は「自分が何か話さなくでは」と思ってしまいます。この心理を利用し、会議の進行役や司会者が皆の発言を促したり、ビジネスでお客様のニーズや質問を促すために沈黙が用いられる場合があります。「優秀な営業マンはお客様に沈黙を破らせる」と言われることもあるんですよ。

《相手の注意をこちらに向ける》
小学校の教室で、注意しても静まらない子供たちに対して先生が急に黙り込むと、騒いでいた子供たちが異変を感じて静かになるという場面を見た、または実際に体験したことがある方もいるのではないでしょうか。話の中の意図的な沈黙は、相手の注意を引いたり言葉に重みを出すことができるのです。

《伝えづらいメッセージの変わりに用いる》
これは状況にも左右されますが、例えば詳細をあまり話せない案件に対して深くつっこまれた際に沈黙によって込み入った状況を察してもらったり、自分の立場が弱く、はっきりと拒否するのがはばかられる場合に沈黙は「NO」の返事の代わりをしてくれる場合もあります。

135227689

皆さん沈黙に対するイメージは変わりましたでしょうか?普段は気まずい沈黙も、意図的に取り入れることでワンランク上ハイレベルなのコミュニケーション術となります。今回は日本独特のコミュニケーション術をご紹介しましたが、国や地域ごとのコミュニケーションの違いを把握し、どこに行っても適切なコミュニケーションがとれるのが真の国際人です。EVENTUSPROTOCOLではグローバルで活躍するビジネスパーソンの方に向けた異文化コミュニケーショントレーニングも承っておりますので、ぜひご相談ください。

広告

実は常識!?意外と知らない日本式ビジネスマナーの落とし穴

In ソーシャル, ビジネス, 国際文化交流ひろば on 2013年7月16日 at 1:13 am

年長者を敬い、またおもてなしの精神を重んじる日本の礼儀作法。特にビジネスの場では正しい日本式ビジネスマナーの知識が無いと、恥ずかしい思いをしてしまったり、時には常識が無いと思われてしまうこともあります。そこで今回は数ある日本式ビジネスマナーの中でも、皆さんが必ず直面するシーンで意外と知られていない豆知識をご紹介します。これであなたも洗練されたビジネスパーソンに一歩近づけるはず!

Q1.夏場の得意先訪問、暑いときはスーツのジャケットを脱いでもいい?asian business man
A.昨今日本ではクールビズを取り入れる動きが広まっていますが、基本的には相手先の会社に立ち入る際はジャケット着用が前提。どうしても暑い際には、「上着を失礼します」と一言断ってから脱ぐことも可ですが、相手がジャケットを着用している際には合わせた方がいいですね。業種・職種や相手との間柄、相手先の会社の雰囲気などにも左右されますが、脱ぐにしても脱がないにしても、清潔感のある服装を心がけましょう。

Q2.訪問先で出されたコーヒーやお茶、飲んでいいタイミングはいつ?168156865
A.相手が口をつけるまで、あるいは勧められるまで飲まないのが基本的なマナー。先方が勧めてくれそうもない時には「せっかくですので頂戴します」と一言を添えていただきましょう。ちなみに、出されたものに口をつけないのもマナー違反です。逆に自分がお客様をお迎えした場合には、早い段階で「冷めないうちに(冷たいうちに)どうぞ」と進めてあげると親切ですね。

いかがでしたでしょうか?初耳だったあなたは、ぜひ次回からトライしてみてくださいね。社会人としてビジネスの場で確かな信頼関係を築くためにも、正しい礼儀作法で美しく振舞いたいところです。
EVENTUSPROTOCOLでは、日系社会で活躍する皆様へ日本式ビジネスマナーの研修も承っております。もう一度日本の礼儀作法を磨き直したい方から、アメリカで大学を卒業されたフレッシュな社会人の方まで、まずはお気軽にご相談ください。

あなたは意識できてる!?身近なダイバーシティー問題

In ソーシャル, ビジネス, 国際文化交流ひろば on 2013年3月28日 at 4:06 pm

今月の弊社ニュースレターと4月号のBridge USA連載コラムでも取り上げているダイバーシティー。日本語では「多様性」を意味し、人種や性別、年齢、文化、言語、障害の有無に加え、ソシオエコノミッククラス(社会的・経済的ステータス)やセクシャルプレファレンス(同性愛主義者など)、仕事の仕方の違いなど、近年実に幅広い分野にまで拡大していますが、アメリカのような多国籍国家と違い、単一民族で価値観も共通した部分を多く持つ日本人にとって、日々ダイバーシティーを意識して生活をするのはなかなか難しいことかもしれません。しかし、少子化が進む中、今やGDP をあげるには女性の労力や有能な外国人を多く受け入れ日本全体の競争力を高めていくことも必要不可欠なキーポイントになっていくでしょう。同時に多くの企業が日々悩まされる問題点 もとりあげられてきました。その中で今回はグローバル化するにあたり、様々な観点から見つめるダイバーシティーにおける 課題点 を幾つかご紹介したいと思います。

woman work 1. まずは「女性の労働環境」について。これは日本でもダイバーシティーの要素の中では最も意識として定着してきているのではないでしょうか。 男女の雇用機会を平等にする、妊娠や出産を経ても働きやすい環境を整えるなど、積極的に取り組んでいる企業も増えてきました。とはいえ、まだ業種によっては男性メインになっているものも見受けられるのが現状です。

2. 職場ではデリケートなトピックとも言える「セクシャルプレファレンス(同性愛主義者など)に対しての受け入れ態勢」。あまり表立って問題になることは少ないかもしれませんが、同性愛者・トランスジェンダーであることを隠して社会生活を送っている方も多くいます。どんな違いがあっても、偏見にさらされたり、誹謗中傷されたり、噂になってしまうことなく安心して自分の個性を出せる環境を作ること。これはまず一人一人の心の中の受け入れ態勢が整っているかどうかでも変わります。どんなダイバーシティーの要素にしてもスタートはここからと言えるでしょう。もちろん、企業もどのような体勢で受け入れているのか、雇用専門弁護士の方と交えて話し合ってみるのも良いかもしれないですね。

1576122443. 最後に、「仕事の仕方の違い」ですが、これに関しては「それもダイバーシティーなの?」と思う方もいるかもしれません。アメリカの、大手コンサルティング会社ではダイバーシティー研修の一貫としてこのような題目も既に取り上げています。例を挙げればキリがないのですが、一つ「自分の意思を伝えること」を例にとってみましょう。日本人からすると、アメリカ人は自己主張が強いと感じている方も多いと思います。しかしこれは単なる性格の違いではなく、アメリカの文化そのものとも言えるでしょう。具体的に例をだせばアメリカの憲法ではFreedom of Speech(言論の自由)ということも明確に伝えられています。幼い時から自分の意見をはっきり伝える・考えやアイディアを外部に発信するという風に育てられるため、自分の意思やアイディアを伝えることは良いこととして教えられているのです。また、伝えられないと『どうして?』『意見がない=必要の無い人』として見られてしまう恐れもあるのです。対して日本はどうでしょうか?相手のことを思いやることのできる素晴らしい文化がある反面、「出る杭は打たれる」という言葉もあるように、自分の意思を表現することに少し抵抗があるように思います。この違いから職場で衝突が起きたり、理解を上手く得られず思わずチャンスを逃してしまったり。自己主張をすることは決してネガティブなことではないという事、伝え方によっては未来のクリエーティブなアイディアや新しい発見になることもあるということを念頭において、自分とは違う切り口で仕事を進める同僚・上司・部下に対しても、ダイバーシティーを意識し、皆が個性を大切に働ける職場環境と心の受け入れ態勢を整えていくことが大切です。

もちろん、受け入れ方が分からない、伝え方がわからない、文化の違いに戸惑っている…ということがあればEVENTUSPROTOCOLにご相談ください。

意外に知らない!?アメリカ豆知識―異文化コミュニケーション編―

In ソーシャル, 国際文化交流ひろば on 2012年10月1日 at 10:47 pm

皆様いかがお過ごしでしょうか?EVENTUSPROTOCOLの佐々木です。

今回は、私がカリフォルニアに来て感じた、アメリカの異文化に関する豆知識をいくつか皆様にお届けしようと思います。渡米経験のある方には「あぁ、確かに!」これからいらっしゃる方には「へぇ、そうなんだ~」てな感じでお読みいただければ嬉しいです。

豆知識①

ちょっとコワイ!?みんなが普通に使う「Huh?

誰かと話していてよく聞き取れなかったとき、多分日本人の方は「えっ?」ととっさに言う方が多いですよね。その何気ない「えっ?」が、アメリカだと「Huh?(は?)」なんです。

日本で「は?」というと、ニュアンス的にどうしても「はぁ!?(怒)」というイメージが強いと思うのですが、こちらでは普通に使われます。私もアメリカに最初に来たとき、どうしてもとっさに相手に怒られている気分になってしまいやたら萎縮していました。聞き返し方ひとつでも、文化によっては与える印象ってこうも変わってきてしまうんですね!面白い!

豆知識②

「え?私??」いきなり振られる何気ないトーク

これは文化の違いでも私がかなり好きな部分ですね!以前のブログで、アメリカ人はとってもフレンドリー!という話をしましたが、道を歩いているときやお買い物に行ったときなど、ちょっとした時に知らない人が話しかけてくる確立が東京より格段に高い!!もちろんナンパや悪い人たちの事ではなく、普っ通の日常会話が知らない人たちの間で行われるんです。「あらっあなたその靴いいわねぇ、どこで買ったの?」「今日は暑いね、参ったよ。」などなど、皆さん特に抵抗なく話しかけてきます。でもこれっていわゆる「スモールトークのコツ」なんですよね。スモールトークというのは、会話の本題に入る前の、アイスブレイキングのような何気ない会話のことなのですが、これが上手にできる人は初めて会った人でもすぐ距離を縮めることができたり、テンポ良く会話を続けることができたりします。

私もまだあまりこちらでの友達は多くないので、これをヒントにまずは同じオフィスビルの方たち辺りからいろんな人に話しかけてみたいと思います!

という感じで今回は2つ挙げてみましたが、もちろん他にも文化の違いはまだまだあります!他にもこんな面白いものがあるよ!など、みなさんのご意見もお待ちしております!

また、EVENTUSPROTOCOLではDiSC®を使用したコミュニケーションスタイル分析の他にも、異文化コミュニケーションのお悩みに関するコンサルティング、研修も行っております。多国籍ならではの職場の悩みなど、ぜひご相談くださいね!

**************************************************************************************

プロフィール 佐々木真理

秋 田県出身。大学在学中にサンディエゴで語学留学を経験し、卒業後、教育機関でカウンセラーとして語学を学ぶ生徒様への進路相談や学習アドバイスをする傍 ら、営業として学校運営にも携わる。現在は、人材育成という分野で様々なコミュニケーションに悩む方たちへアドバイスできるエキスパートとなるべく、日々 悪戦苦闘中!教育業界でお客様や生徒様と一緒に成長していけるのはとても楽しいです。

運転免許取得の道!

In ソーシャル, 国際文化交流ひろば on 2012年9月19日 at 1:19 am

皆様いかがお過ごしでしょうか?EVENTUSPROTOCOLの佐々木です。EVENTUSPROTOCOLに入社して1ヵ月半が経ちましたが、遅ればせながら先日運転免許の筆記テストを受けに行ってきました!日本にいるとなかなかできない経験だけに、私的にかなりの異空間でした。(笑)

アメリカではDMVという、日本でいう免許センターのようなところにテストを受けに行くのですが、日本と違う 適当な おおらかな手続きの流れにいちいちビックリ。まず書類に記入した後に視力検査をするのですが、私が立っていたカウンターのお姉さんの3メートル程後ろの天井からアルファベットがランダムに書いてある紙が垂れ下がっており、お姉さんがおもむろにデスクのその辺にあった紙を渡してきました。「Cover your eye.」…え、これで!?なんかこう、黒い虫眼鏡みたいな形のやつないの!?これ、あなたのデスクの書類かなんかですよね!?とまぁ言っても仕方ないのでお姉さんに言われるがままにアルファベットを読み上げて終了。写真を撮っていよいよテストです。

テストは日本と違って問題数も少なく、比較的簡単な印象。ちなみにテストは日本の選挙の投票所のような、仕切られたブースで立ったまま受けます。なんかお手軽な感じですね。解答用紙は提出すると担当の方がその場で採点してくれます。待っていると、担当のおばさんが何かぼそっと言いました。聞き返すと「You passed.」…あ、合格だそうです。そうですか。ぼそっと言うから独り言かと思いましたよ私。なんかもっと「おめでとう!あなた合格よ!」とか「合格!でもここが不正解だったから見直してみてね☆」とかそういう感じの方が、雰囲気出ると思うゾ☆

そんなこんなで、なんとか筆記テストは合格したものの、何でも合理化!のアメリカでは、とりあえず必要な手続きができれば、あまり公の機関に懇切丁寧なカスタマーサービスは重要視されていないのかも、と文化の違いを感じた興味深い出来事でした。

さあ、次に待ち受けているのは技能試験です!初心者の私には最大の難関かと思われますが、なんとか運転免許を勝ち取ってこようと思います!安全運転で!

**************************************************************************************

プロフィール 佐々木真理

秋 田県出身。大学在学中にサンディエゴで語学留学を経験し、卒業後、教育機関でカウンセラーとして語学を学ぶ生徒様への進路相談や学習アドバイスをする傍 ら、営業として学校運営にも携わる。現在は、人材育成という分野で様々なコミュニケーションに悩む方たちへアドバイスできるエキスパートとなるべく、日々 悪戦苦闘中!教育業界でお客様や生徒様と一緒に成長していけるのはとても楽しいです。

人材育成トピック:僕ってダメ上司?(BRIDGE USA)

In ビジネス, 国際文化交流ひろば on 2012年3月19日 at 9:16 pm

BRIDGE USA MAGAZINE連載コラム

3月号のトピック:僕ってダメ上司?

つづきはこちらでどうぞ!

Weekly LALALAの10月号に記載!仕事人のヨコガオ

In ビジネス, 国際文化交流ひろば on 2011年10月26日 at 11:00 pm

7/26(火)国際ビジネスで役立つ ダイニングマナーレッスン開催!@INABA STEKHOUSE トーランス

In ソーシャル, ビジネス, 食文化ひろば, 国際文化交流ひろば on 2011年7月21日 at 10:02 pm

Weekly LALALA 主催

知っているようで知らないダイニングマナー、この機会にレッスンしませんか?


会場:INABA STEAKHOUSE garden restaurant → http://www.steakhousekobe.com/
住所:2933 Rolling Hills Road, Torrance, CA 90505
日時:7月26日(火)午後7時~午後9時
会費:25ドル(軽食付き)
予約方法: E-mail( event@lalalausa.com) 柏倉まで
参加者全員のフルネーム、会社名又は学校名、E-mailアドレスを記載の上お申込みく
ださい。

※申込み締切り 7月25日(月)正午まで

***********************************************************

高級中華料理シェフ丸山氏にインタビュー

In ソーシャル, 食文化ひろば, 国際文化交流ひろば on 2011年2月28日 at 8:05 pm

今回は丸山氏が創る。新しい高級中華料理。

オールインワン前菜を紹介させていただきます!

フォアグラの茶わん蒸・・・フォアグラをベースに金華ハムと香り豊かなハーブのスープを合わせました。香り豊かなハーブのスープは丸山氏のオリジナル。とてもやさしい香りにつつまれました。

かわいいリンゴのサラダ・・・季節のシーフードとフルーツをあえて、ガーリックとエシャレットの風味をのがさないようにマヨネーズで仕上げました。香港スタイルで召し上がっていただきます。一つ一つ丁寧なのでたべるのが “もったいな~い” けど、美味しくいただきました。(^0^)

エビ・・・秘伝の香辛料に漬けたもので、香りが楽しめる一品です。シンプルそうにみえて本当に手がかかっているのでビックリ!秘伝の香辛料ってなんだろう?

チャーシュー・・・広東料理の代表的な焼き物。炭火でじっくり焼くので、炭の香りを楽しみながら・・・日本人にもとても親しみやすいチャーシュー。シェフの腕のひかりどころでもあるのですね。サイコーでした。

サーモンの漬物ロール・・・上海風に紹興酒に漬けたサーモン。酸味のきいた白菜を巻くことによって北京の家庭料理をアレンジ。お洒落。

ニラのパイ包み・・・サクサクのパイの中に隠し味をしたアンを入れ、こんがり焼きました。食感がたまりません!!!

アイスバイン・・・豚足を時間をかけて煮こみ、秘伝のタレをゆっくりとしみこませます。独特の食感をじっくりお楽しみください。

クリームチーズと塩卵のミルフィーユ・・・クリームチーズと塩漬けした卵の相性がすばらしい一品。デザート感覚で召し上がっていただけます。
人参の彫り物・・・鳳凰を彫刻しました。中国では一般的にお祝いの席に用いられます。

う~ん!中国料理って本当に奥が深いのですね。広東料理から上海料理、北京に香港と、どこにも行かなくてもこのひとつの前菜で中国中飛び回った気分にさせてくれる! なんとも夢のような前菜でした。何もかもが男性料理とは思えない繊細で心のある一品一品で料理ということがこんなにすばらしいものと考えさせられるものばかりでした☆

*******

丸山 勲 東京都出身。中華料理シェフ。

日本の某一流ホテルの中華料理レストランにて10年以上の経験。その後、シンガポール、中国に渡り、広東料理を中心に本場の中華料理を学ぶ。現在、中国広州のローカルレストランにて勤務。美味しい料理を求めて世界中をめぐるのが夢!

。。。とても素敵なシェフに出会うことができました☆

☆ 東南アジア☆ギフトのタブーアイテムのご紹介 ☆

In ソーシャル, ビジネス, 国際文化交流ひろば on 2011年2月23日 at 4:51 pm

今回は東南アジアの避けたいギフトアイテムのご紹介させていただきます。

東南アジアに住むお友達がいる方もお仕事をされている方も必見です!

インドネシア: イスラム教が盛んな国なので、お酒類、豚や犬などのアイテム、ナイフやはさみなどの鋭いものもさけましょう。

ブルネイ: お酒類、豚や犬などのアイテム、鋭いもの、女性の水着写真や映像なども嫌う。白、青、黒などの色での包装紙はお葬式を連想するのでさけると良いでしょう。

マレーシア: 現地のマレーの方へのギフトエチケットは華僑や華人の方とは少し異なります。例えば、お酒類、豚や犬などのアイテム、鋭いもの、女性の水着写真や映像なども嫌う。白の包装紙はお葬式を連想するのでさけると良いでしょう。
そして、マレーシアに在住の華僑または華人の方へのプレゼントの際、本やブランケット、緑色の帽子、時計、タオル、ハンカチや靴などのギフトはさけましょう。 白、青、黒などの色での包装紙はアンラッキーと考えられるのでなるべくさけると良いでしょう。

気持ちがあっても知らずにしてしまう自分の行動。いつでも健やかな関係を保つために。ギフトプロトコールを学ぶのも大切ですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。